近年では「リサイクル」が大分浸透してきて、買取ショップが増えている傾向にあります。

不要になったものをゴミに出したり、使うことなく仕舞い込んだままならば、欲しい人のもとで使われた方が良いですよね。

質預けのできる質屋においても、最初から買取を希望して現金と取引をする人が増えている様です。

池袋には買取ショップも質屋もあり、もしも不要なものを買取したいという場合は、その二つから選ぶことができます。

買取ショップと質屋、どちらを利用するのが良いのでしょうか?

お金を借り入れるとなった場合は、万が一のことを考えても質屋の方が安心かもしれないと思う人もいるでしょう。

でも売ることが決まっているなら、どちらが高価で買取してくれるのかがポイントになると思います。

ずばり言ってしまえば、その場で取引は終了するのですから、より高い査定額を付けてくれる方を選択すれば良いのです。

買取ショップでも質屋でも無料査定をしているので、その場で決断をする必要もありません。

池袋にある買取ショップと質屋、両方で査定をしてもらって比較することができます。

ただし、質屋の場合は、確実に品物が手離れしてしまうという選択だけではなく、もしも迷いがあるのであれば質預けにするという選択肢もあります。

不要な物かどうか迷っているけど、お金が必要であると言う場合は、質屋で質預かりにすれば、その品物を手放さなくてもするかもしれません。

池袋の質屋は、現金が必要になった場合大変便利ですが、実際の手順はどんな感じなのでしょうか?

池袋の質屋だけに限らず、基本的に質屋を利用する手順は決まっているので、一度質屋の利用方法について知っておくと良いでしょう。

質屋を利用する際には、まずは担保にできる価値のある品物を質屋に持ち込みます。

質屋ではその品物を査定して、いくら借入できるかを決めます。

この際に金額に納得がいかない場合は品物を返却してもらい、利用を止めても大丈夫です。

金額に納得すれば質入れをすることになりますが、借入期間は三ヶ月となります。

そして、質屋では質入れだけではなく買取という取引もあります。

その場合、査定額が変わってきますので事前に質入れか買取かを告げる様にしましょう。

査定には数分がかかる程度で多くの時間は要しません。

質入れをして、預けている期間を質預かりといい、質札を受け取ります。

借入期間のことを流失期限といい、流質期限内に借入した現金と利息をまとめて返済すれば、質預けの品物は返してもらえます。

この流質期限については、更に質料を払えば、期限を延長することもできます。

質屋を利用する場合、年齢制限があり18歳以上でなくてはならず、18歳以上でも高校生は利用できません。

質預けにする品物と、本人を確認できる運転免許証や保険証などの身分証明書を持参して利用します。