池袋の質屋利用のデメリット

池袋で急にお金が必要になった場合、質屋を利用する手があります。

質屋は審査もなく、持ち込んだ物に値するお金を借りることができるので便利です。

ただ、質屋にも幾つかのデメリットがありますので、利用するにあたってはしっかり理解しておく様にしましょう。

質屋利用のデメリットその1、質として預けた品物について、期限内にお金を返済できなければ、その所有権は質屋のものになります。

質屋は無審査でお金を借入することができる便利な反面、返済ができなければ、当然担保は回収されるリスクを忘れてはいけません。

デメリットその2は、どんな質屋であっても、お金を借入するには借りるだけの価値のあるものが無くては利用することはできないということです。

無審査で安心して借りられるといっても、貴金属やブランド物などの担保にできるものが無くては全くなす術がないのです。

そして、重要なことは、30万円の価値のあるものを質屋に持って行ったとしても、30万円を借りられるという訳ではありません。

リサイクルショップで例え30万円と査定されても、質屋には質屋の法則があり、同じ金額がつくと言う保証はありません。

よって、質屋の査定次第で借りられる金額は決まって今います。

デメリットその3は、質屋の借入は金利は年利109.5パーセントととても高くなっています。

【check→】質屋の法律相談237件[消費者被害] – 弁護士ドットコム

質入れしているから安心と思うかもしれませんが、実際に質屋を利用する際には気をつけましょう。

Comments

Comments are closed.